小学校受験は幼児教室から始める~ランキング調査で上位を把握~

家庭教師

少子高齢化時代の到来

子どもや孫に費用をかける

家庭教師

日本では少子高齢化の進展が顕著となっていますが、必ずしも受験の競争が緩和されているわけではありません。特に東京では有名大学を目指して小さいころからの競争が激化しているのが現状です。東京の幼児教室では小学校受験を目指したカリキュラムを用意するところも増えています。またグローバル社会の進展を受けて小さい時から語学を習得する必要が増加しているため英語や英会話を取り入れた幼児教室の増加も目につきます。今後は世界全体が国境を超えたビジネスを行うようになり、英語の必然性は増すことが考えられます。言語が習得しやすいとされる幼少期に幼児教室を利用していれば、一生活用できる英語力を身につけることが出来るでしょう。

特徴を把握すること

東京の幼児教室の数は他の道府県に比べると格段に多くなっていますので、選択肢は多いのですが、実際に選ぶとなると自分の子供や孫に合った教室を見つけることは大変難しいという面があります。単に小学校受験を目指すのであれば実績のある幼児教室を選ぶことになりますが、今後の日本の置かれている状況を踏まえると、グローバル化やIT化の進展に対応できる人間を目指すことも重要です。その場合、新しい教育システムを取り入れた幼児教室を選ぶ必要があります。一方、心身を鍛えるということでまず健康な体作りを重点に置くとすれば全く別の角度から幼児教室を選ばなければなりません。いずれにしても幼児教室に通うのは小さな子供や孫のわけですから、本人が馴染むところにしなければなりません。